あなたは、足、ひざ下脱毛に対してこんな不安を持っていませんか?

  • 足、ひざ下脱毛はどれくらい痛いの?
  • 脱毛が痛い理由は何?
  • 痛みが少ないおすすめのサロンやクリニックを知りたい

この記事では、足・ひざ下の脱毛の痛みがどの程度なのかと、脱毛が痛い理由を紹介します。

また、痛みが少ないおすすめのサロン・クリニックと脱毛の痛みを軽減する方法についても解説します。


1.足・ひざ下脱毛の痛みはどれくらい?

足やひざ下脱毛の痛みは脱毛法によって以下のように異なります。

【脱毛法別】足・ひざ下脱毛の痛みと効果

光脱毛 医療レーザー脱毛 美容電気脱毛
痛み ほぼ無痛 痛みあり かなり痛い
効果 減毛・抑毛効果 永久脱毛効果 永久脱毛効果

永久脱毛ができる医療脱毛や美容電気脱毛は、光脱毛に比べて痛みが強めです。
まずは脱毛法ごとに足脱毛の痛みがどれぐらいなのかについて詳しく紹介します。

1-1.永久脱毛は痛いの?

永久脱毛ができるのは次の2つの脱毛法です。

  • 医療レーザー脱毛
  • 美容電気脱毛

医療レーザー脱毛の場合、「輪ゴムで弾かれたような痛み」を感じることがあります。
痛みの感じ方には個人差があるものの、一瞬チクッとするレベルで我慢できることがほとんどです。

実際に医療脱毛を体験した人からは次のような口コミが寄せられています。

最も痛みが強いのは美容電気脱毛です。
実際に美容電気脱毛を体験した人の口コミからも、かなり痛みが強いことがわかります。

痛みを抑えつつ、足やひざ下をツルツルになるまで永久脱毛したい人は、クリニックで医療脱毛を行うのがおすすめです。

1-2.光脱毛の痛み

光脱毛ならほぼ無痛で足脱毛を行えます。
では実際に光脱毛を体験した人の体験談をまとめて紹介します。

部位によって多少チクッとすることはあるようですが、施術中に寝ていた人もいるほどです。
痛みを感じやすい部位を脱毛したい人は、ほぼ無痛でケアできる光脱毛を選びましょう。

1-3.痛い部位はどこ?足は痛いの?

痛みの強さは部位によっても異なります。
部位ごとの痛みレベルについては以下の表をご覧ください。

【部位別】脱毛の痛み

部位 痛みの強さ
Vライン・Iライン ★★★★★
ひざ下(すね) ★★★★☆
額・鼻下 ★★★★☆
★★★☆☆
足の甲・指 ★★★☆☆
Oライン ★★★☆☆
ほほ・あご ★★☆☆☆
二の腕・ひじ ★★☆☆☆
背中 ★★☆☆☆
ひざ上(太もも) ★★☆☆☆

全身の中で最も痛みが強いのは、VラインとIラインの2箇所です。
これらの部位は骨に近く、太くて濃い毛が密集しているため、強い痛みを感じる傾向にあります。

足の中で特に痛みを感じやすいのは次の3箇所です。

  • すね
  • ひざ
  • 足の甲や指

すね、ひざ、足の甲や指は、骨に近くしっかりした毛が生えていることが多いため、痛みを感じやすい部位に分類されます。
これに対して太ももは、脂肪が多く産毛がほとんどなので痛みの心配がほとんどありません。

このように脱毛の痛みは部位や脱毛法によって大きく異なります。
脱毛法ごとの痛みを感じる理由についても理解して、自分に合う方法で足脱毛を始めましょう。

2.足・ひざ下脱毛が痛い理由

足やひざ下脱毛が痛い理由を脱毛法別に紹介します。

2-1.医療レーザー脱毛が痛い理由

医療脱毛はムダ毛のメラニン色素にレーザーの光を反応させて、高熱で毛根を破壊する脱毛法です。

脱毛時には毛根周辺に250℃以上の熱が加わるため、「熱い=痛い」と感じてしまうことがあります。
しかし医療レーザー脱毛はクリニックで行うため、麻酔を使って痛みを抑えることも可能です。

また最近では、高熱を使わない蓄熱式のレーザーを導入しているクリニックも増えつつあります。
痛みの心配なく足の永久脱毛をしたい人は、「3-3.痛くない脱毛ができるおすすめの脱毛クリニック」をチェックしてみてください。

2-2.光脱毛が痛い理由

光脱毛も医療脱毛と同じく、ムダ毛のメラニン色素に光を反応させて、熱で毛根にダメージを与える仕組みになっています。

しかし光脱毛は医療脱毛に比べて出力が控えめです。
毛根周辺にかかる熱も約70℃なので、強い痛みを感じる心配がほとんどありません。

痛みが苦手な人は、「3-2.痛くない脱毛ができるおすすめの脱毛サロン」をチェックして自分に合うサロンを選びましょう。

2-3.美容電気脱毛(ニードル脱毛)が痛い理由

美容電気脱毛は毛穴にプローブと呼ばれる細い針のようなものを挿入し、微弱電流を流して毛根を破壊する脱毛法です。

電流を流して脱毛を行うため、他の脱毛法に比べてかなり強い痛みを伴います。
また1本ずつ処理する脱毛法なので、足全体をケアするにはかなり長く痛みに耐える必要があります。

足全体を快適に脱毛したい人は、痛くない脱毛法を採用しているサロンやクリニックを選びましょう。

3.痛みが少ない脱毛の方法とおすすめのサロン・クリニック

光脱毛や医療脱毛は、脱毛方式によっても痛みの強さが異なります。
痛みの心配なく快適に足脱毛に通うためにも、痛みの少ない脱毛方式の選び方をチェックしておきましょう。

3-1.痛みが少ない脱毛方法の選び方

次の2つに当てはまる脱毛方法を選べば、足脱毛の痛みを最小限に抑えることができます。

①光・レーザー・美容電気脱毛のうち「光脱毛」を選ぶ
②光脱毛のうち熱を軽減する工夫がされている脱毛方式を選ぶ

光脱毛の脱毛方式と熱を軽減する工夫について一覧にまとめました。

痛みが少ない脱毛方式と熱を軽減する工夫

脱毛方式 熱を軽減する工夫
ハイパースキン法 高熱を使わない
冷却機能付きIPL方式 肌を冷却しながら脱毛する
S.S.C方式 ジェルで熱を軽減する
その他の光脱毛 ジェルで熱を軽減する

最も痛みが少ないのは、約38℃の低温で脱毛できるハイパースキン法です。
ハイパースキン法は、毛根ではなく毛に栄養を送る「バルジ領域」をターゲットに脱毛を行います。

バルジ領域は毛根よりも浅い位置にあるため、高熱を使わなくても脱毛効果を得ることができます。
熱を軽減する工夫がされている脱毛方式は、痛みが少ないだけでなく、肌トラブルのリスクが低く安全性が高いのもメリットの一つです。

3-2.痛くない脱毛ができるおすすめの脱毛サロン

痛みの心配なく足脱毛に通えるサロンをまとめて紹介します。
各サロンの脱毛方式については以下の表をご覧ください。

痛くない足脱毛ができるおすすめのサロン

サロン 脱毛方式
ディオーネ 高熱を使わないハイパースキン法
ジェイエステ 肌を冷やしながら脱毛する冷却機能付きIPL方式
ミュゼ ジェルで熱を軽減するS.S.C方式
エピレ ジェルで熱を軽減する独自の脱毛方式

ディオーネではひざ下1回を3,300円で、ジェイエステでは足全体を1回300円で体験できるキャンペーンが実施されています。
まずはキャンペーンを利用して、足脱毛の痛みや効果を体験してみることから始めましょう。

ひざ下脱毛を体験キャンペーンが安いサロンについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

3-3.痛くない脱毛ができるおすすめの脱毛クリニック

クリニックにもサロンと同じく、「バルジ領域」をターゲットにすることで高熱を使わずに脱毛できる蓄熱式のレーザーがあります。
蓄熱式レーザーが採用されている主な脱毛器は次の2つです。

  • メディオスター
  • ソプラノアイス

では蓄熱式の脱毛器が導入されているクリニックをまとめて紹介します。
各クリニックの脱毛器については以下の表をご覧ください。

痛くない足脱毛ができるおすすめのクリニック

クリニック 脱毛器
フレイアクリニック メディオスターNext Pro
レジーナクリニック ソプラノアイス
クレアクリニック メディオスターNext Pro
リゼクリニック メディオスターNext Pro

クリニックではサロンよりも少ない回数で完了を目指せるため、総額を安く抑えることができます。
また永久脱毛効果があるので、完了後もツルツルの状態が続きます。

安く早く完了を目指したい人は、クリニックで足脱毛を始めるのがおすすめです。
足やひざ下を医療脱毛できるおすすめのクリニックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

4.足・ひざ下脱毛の痛みを軽減する方法

足脱毛の痛みを抑えるコツを5つ紹介します。
痛みの心配なく足脱毛に通うためにも、今すぐ実践してみてください。

4-1.脱毛前後の保湿を徹底する

脱毛の前後にしっかり保湿をしておけば、次のような多くのメリットを実感できます。

  • 痛みを感じにくくなる
  • 脱毛効果がアップする
  • やけどなどの肌トラブルが起きにくくなる

脱毛の痛みは熱が原因です。
しっかり保湿をしておけば、肌内部の水分が脱毛による熱を吸収してくれるため、痛みを感じにくくなります。

また痛みを感じずに適切なパワーで照射できれば、脱毛効果が高まります。
痛みや肌トラブルのリスクを軽減するためにも、脱毛前後は忘れずに保湿を行いましょう。

4-2.日焼けをしないようにする

日焼け後に脱毛を行うと、次のような理由で痛みを感じやすくなります。

  • 肌表面のメラニン色素に光が集中する
  • 肌が乾燥して脱毛時の熱を吸収できなくなる

日焼けのレベルによっては痛みを感じるだけでなく、やけどなどの肌トラブルが起きてしまうこともあります。
足脱毛に通う際には、ロングスカートやワイドパンツを活用して、紫外線対策を行いましょう。

足・ひざ下脱毛におすすめの服装については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

4-3.生理前後の足・ひざ下脱毛を避ける

生理前後はホルモンバランスの影響で、次のような痛みを感じやすい肌状態になります。

  • 肌の水分量が減る
  • 肌のバリア機能が低下する

またPMS(月経前症候群)によるストレスが原因で、痛みを感じやすくなることもあります。
痛みが心配な人は、生理の前後1週間を避けて予約を取るようにしましょう。

4-4.体調を整えておく

次のような理由で体調がすぐれない時は、免疫が低下して痛みを感じやすくなるため注意が必要です。

  • 風邪気味
  • 睡眠不足

また飲酒後は体温の上昇により肌が乾燥し、痛みを感じやすくなる可能性があります。
脱毛前日は体調管理のためにも飲酒をせず、早めに就寝するように心掛けましょう。

4-5.麻酔が使えるクリニックを選ぶ

麻酔を使って痛みを抑えるのも一つの方法です。
脱毛には主に次の2種類の麻酔が使われます。

麻酔クリーム
  • 塗るだけで痛みを感じにくくなる
  • 施術の30分前までに塗っておく必要あり

 

笑気麻酔
  • ガスを吸入することで痛みを感じにくくなる
  • お酒に酔ったような状態になるため、痛みに対する不安の解消にも効果的

麻酔を使えるのは医療機関のみになっています。
痛みや不安を感じずに足脱毛に通いたい人は、麻酔が使えるクリニックを選びましょう。

足やひざ下を医療脱毛できるおすすめのクリニックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

5.まとめ

次の2つをチェックして痛みが少ない脱毛法を選べば、ほぼ無痛で足脱毛を行えます。

  1. 光・レーザー・美容電気脱毛のうち「光脱毛」を選ぶ
  2. 光脱毛のうち熱を軽減する工夫がされている脱毛方式を選ぶ

特に痛みが少ない脱毛法を採用しているサロンは次の4つです。

サロンのキャンペーンを利用すれば1回300円で足脱毛をお試しできます。
まずは痛みが少ない光脱毛が採用されているサロンで、足脱毛を体験してみましょう。