あなたは、自宅でできるムダ毛処理にこんな疑問を持っていませんか?

  • おすすめのムダ毛処理の方法を知りたい
  • 気軽で簡単にできるムダ毛の処理方法は?
  • 自宅で永久脱毛はできないの?

この記事では、自宅でできる自己処理の方法を比較し、どの方法がおすすめなのかを紹介します。

また、自宅で自分でできて脱毛効果もある方法についても解説します。


1.自宅でできるムダ毛処理の方法とメリットデメリットを紹介

自宅でのムダ毛処理は次の6つの方法で行えます。

  • カミソリ
  • シェーバー
  • 家庭用脱毛器
  • 除毛クリーム
  • 毛抜き
  • ブラジリアンワックス

それぞれのメリット・デメリットをチェックして、自分に合う方法でお手入れを行いましょう。

1-1.カミソリ

カミソリによるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • カミソリ本体にかかる費用が安い
  • 自宅で手軽にムダ毛処理ができる
  • ムダ毛と一緒に古い角質を落とせる
デメリット
  • 1~2日でまた伸びてくる
  • チクチクしやすい
  • シェービングクリーム代がかかり続ける
  • 剃った後の断面が広くなりムダ毛が目立つ
  • 毎日カミソリを使うと黒ずみなどの原因になる

カミソリはしっかり深剃りをしたい人におすすめです。
シェービングクリームを含めても1,000円~2,000円ほどなので、自己処理にかかる費用も安く抑えられます。

ただし使い方を間違えると、肌に大きな負担をかけてしまうことになりかねません。
肌に負担をかけないためにも、シェービングクリームを使って正しい手順で剃るようにしましょう。

おすすめのカミソリや正しいムダ毛処理の方法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

1-2.シェーバー

シェーバーによるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 最も安全性が高く手軽に使える
  • 肌にやさしい
  • 手間がかからない
デメリット
  • カミソリのように深剃りができない
  • 家庭用脱毛器と違って脱毛効果がない

電動シェーバーはカミソリと違って刃が肌に直接触れないため、肌にやさしく安全にムダ毛を処理できます。
シェービングクリームも不要なので、手間をかけずに気軽に自己処理を行いたい人に最適です。

デメリットとしては、深剃りがしにくく、すぐに伸びてきてしまう点が挙げられます。
少しでも効果を長く持続させたい人は、顔用・VIO用・ボディ用のシェーバーを使い分けて丁寧に剃るようにしましょう。

ムダ毛処理におすすめのレディースシェーバーについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

1-3.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器によるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 脱毛効果がある
  • 美顔器としても使える
デメリット
  • 脱毛器本体の価格が高い
  • カートリッジを交換する費用が掛かり続ける
  • 部位によっては自分で照射しにくい

6つの自己処理方法のうち、脱毛効果があるのは家庭用脱毛器だけです。
他の処理方法と違って、続けて使えば徐々に毛が薄くなり、ツルツルの状態を長く楽しめるようになります。

本体価格は5~10万円と高額ですが、カートリッジを交換すれば美顔器としても使えるためコスパはそれほど悪くありません。
確実にムダ毛の量を減らしたい人や美顔器としても使いたい人は、家庭用脱毛器を使ってムダ毛処理を始めましょう。

おすすめの家庭用脱毛器については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

1-4.除毛クリーム

除毛クリームによるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • チクチクせずツルツルに仕上がる
  • 短時間で広範囲を除毛できる
  • 安くて手軽に購入できる
  • カミソリやシェーバーよりも効果が持続する
デメリット
  • 肌荒れのリスクがある
  • 除毛成分特有の臭いが気になることがある

除毛クリームにはムダ毛を溶かして取り除くことができる除毛成分が配合されています。
処理したムダ毛は毛先が丸くなるため、チクチクせずツルツルに仕上がります。

しかし除毛剤の成分は刺激が強いため、赤みやかゆみなどの肌トラブルの原因になることがあります。
肌荒れを防いでキレイに仕上げるためにも、なるべく刺激になりにくい除毛クリームを選びましょう。

おすすめの除毛クリームについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

1-5.毛抜き

毛抜きによるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 価格が安い
  • 持ち運びやすい
  • 伸びた毛がチクチクしにくい
  • カミソリやシェーバーより効果が長く続く
デメリット
  • 肌や毛穴へのダメージが大きい
  • 痛みが強く出血することもある
  • 埋没毛や毛嚢炎になるリスクが高い
  • 処理に時間がかかる
  • 脱毛効果を得にくくなる

毛抜きを使った場合、ムダ毛を毛根ごと処理できるため、カミソリやシェーバーに比べて効果が長く続きます。
しかし毛穴周りの組織に大きな負担がかかることで、出血や炎症が起こるリスクが高くなります。

さらに肌が回復する過程で毛穴が塞がれて埋没毛になったり、毛穴に雑菌が入って毛嚢炎になったりすることもあります。
眉下などの毛を今すぐ処理したい場合は、手や毛抜きをしっかり消毒してから丁寧に処理するようにしましょう。

1-6.ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスによるムダ毛処理には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 広範囲の毛をまとめて処理できる
  • 2~3週間は効果が続く
  • 粘膜ギリギリまで脱毛できる
デメリット
  • 剥がす際の痛みが強い
  • 処理前に毛を伸ばす必要がある
  • 埋没毛になる可能性がある
  • 脱毛効果を得にくくなる

ブラジリアンワックスはワックスの上にシートを貼って固まったタイミングで、一気に剥がして除毛を行います。
砂糖やハチミツなどの天然素材が原料なので、IラインやOラインの粘膜ギリギリまでお手入れできます。

ただし毛抜きと同じ抜く方式なので、毛穴に負担がかかりやすく埋没毛の原因になることもあります。
肌トラブルを防ぐためにも、除毛後は刺激になりにくいクリームでしっかり保湿ケアを行いましょう。

2.自宅でできるおすすめのムダ毛の自己処理の方法はどれ?正しい自己処理の方法は?

おすすめの自己処理方法は、重視する項目によっても異なります。
重視したいポイントをチェックして、自分に合う方法を選びましょう。

ムダ毛の自己処理方法を手軽さ・仕上がり・効果の持続期間で比較

ムダ毛の処理方法 手軽さ 仕上がり 効果の持続期間
カミソリ
シェーバー
家庭用脱毛器
除毛クリーム
毛抜き
ブラジリアンワックス

タイプ別におすすめの自己処理方法をまとめると以下のようになります。

気軽で簡単…シェーバー
仕上がりがキレイ…除毛クリーム
効果が長く続く…家庭用脱毛器

では各処理方法の特徴と正しい手順を詳しく紹介します。

2-1.気軽で簡単にできるムダ毛の自己処理方法と手順

ムダ毛の自己処理を最も気軽で簡単に行えるのは「シェーバー」を使った場合です。
シェーバーは自己処理の前に準備が必要ないため、すぐにでもお手入れを始めることができます。

その他の自己処理に必要な準備については以下の表をご覧ください。

ムダ毛の自己処理方法を必要な準備の少なさで比較

ムダ毛の処理方法 自己処理の前に必要な準備
カミソリ ・蒸しタオルなどで肌を温めておく
・シェービングクリームを塗る
シェーバー ・特になし
家庭用脱毛器 ・1㎜程度に毛を剃っておく
・照射前に保冷剤などで肌を冷やす
除毛クリーム ・前日までにパッチテストをしておく
毛抜き ・蒸しタオルなどで肌を温めておく
・手や毛抜きを消毒する
・冷却用の保冷剤を準備する
ブラジリアンワックス ・2~3㎝に毛の長さを整えておく
・ベビーパウダーで肌の水分をなくす

※準備が必要なし=◎、1つ必要=〇、2つ以上必要=△

シェーバーは刃が肌に触れない構造になっているため、シェービングクリームなどを準備する必要がありません。
メイク上からで使えるため、外出先で使いたい人にもおすすめです。

ではシェーバーを使った自己処理の正しい手順を紹介します。

  1. シェービングする箇所を洗浄しタオルで水分を拭き取る
  2. 足、腕、頬は毛の流れに逆らって、VIOは毛の流れに沿って剃る
  3. 肌に残った毛を洗い流す
  4. 保湿ケアを行う

メイクを落として肌に何もつけない状態でシェービングを行えば、よりキレイに仕上がります。
処理したい部位に合わせて、顔用・VIO用・ボディ用のシェーバーを使い分けましょう。

2-2.仕上がりがきれいなムダ毛の自己処理方法と手順

ムダ毛の自己処理で最も仕上がりがきれいなのは「除毛クリーム」を使った場合です。
各処理方法の仕上がりについては以下の表をご覧ください。

ムダ毛の自己処理方法を仕上がりのキレイさで比較

ムダ毛の処理方法 仕上がりのキレイさ
カミソリ 深剃りはできるがチクチクしやすい
シェーバー 深剃りしにくくチクチクしやすい
家庭用脱毛器 即効性はないが続けて使えばムダ毛が薄くなる
除毛クリーム チクチクせずツルツルに仕上がる
毛抜き 出血・埋没毛・毛嚢炎などの肌荒れが起きやすく、キレイに仕上がりにくい
ブラジリアンワックス 初心者が自己処理でキレイに仕上げるのは難しい

除毛クリームなら塗るだけなので、初心者でもきれいにムダ毛を処理することができます。
また処理後は毛先が丸くなるため、剃った時のようにチクチクすることもありません。

仕上がりの良さを重視したい人は、除毛クリームを使って自己処理を行いましょう。
では除毛クリームを使った自己処理の正しい手順を紹介します。

  1. シェービングする箇所を洗浄しタオルで水分を拭き取る
  2. ムダ毛が隠れるぐらいの量のクリームを塗る
  3. 毛が生えている向きに逆らってクリームをムラなく伸ばす
  4. 3分ほど経過したらスパチュラなどでクリームを均す
  5. 5~10分ほど待つ
  6. 擦らずにクリームを拭き取る
  7. 残ったクリームや毛をシャワーで洗い流す
  8. 保湿を行う

クリームを擦らずに軽く拭き取るのが、キレイに仕上げるコツです。
残った毛やクリームはぬるま湯で洗い流しておきましょう。

2-3.効果の持続期間が長いムダ毛の自己処理方法と手順

ムダ毛の自己処理方法のうち効果の持続期間が最も長いのは「家庭用脱毛器」を使った場合です。
各処理方法の効果の持続期間については以下の表をご覧ください。

ムダ毛の自己処理方法を効果の持続期間で比較

ムダ毛の処理方法 効果の持続期間
カミソリ 1~2日
シェーバー 1~2日
家庭用脱毛器 最初は2週間~1ヶ月だが徐々に持続期間が長くなる
除毛クリーム 3~7日
毛抜き 2~3週間
ブラジリアンワックス 2~3週間

照射後は2~3日で毛が抜け始め、2週間~1ヶ月ほどはツルツルの状態が続きます。
初めのうちは効果の持続期間は短めですが、徐々に毛が生えるスピードが遅くなっていきます。

少しでも長くツルツルの状態をキープしたい人は、家庭用脱毛器を使って自己処理を行いましょう。
では家庭用脱毛器を使った自己処理の正しい手順を紹介します。

  1. 1㎜程度にシェーバーで毛を剃っておく
  2. 保冷剤で10秒ほど肌を冷やす
  3. 光を当てて脱毛する
  4. 保冷剤で10秒ほど肌を冷やす
  5. 保湿をする

きちんと冷却をしてから照射すれば、痛みを感じる心配はありません。
最初は低めのレベルに設定して、慣れてきたら徐々に照射レベルを上げていくようにしましょう。

3.自宅で自分でできて脱毛効果もある方法ってあるの?永久脱毛はできるの?

自宅で脱毛を行う方法や自分で永久脱毛が可能なのかについて詳しく紹介します。

3-1.自宅でできて脱毛効果があるムダ毛の処理方法

ムダ毛の自己処理方法のうち脱毛効果があるのは「家庭用脱毛器」だけです。
各処理方法の脱毛効果の有無については以下の表をご覧ください。

ムダ毛の自己処理方法を脱毛効果の有無で比較

ムダ毛の処理方法 脱毛効果
カミソリ なし
シェーバー なし
家庭用脱毛器 脱毛効果あり
除毛クリーム なし
毛抜き なし
ブラジリアンワックス なし

家庭用脱毛器以外は除毛効果しかないため、自己処理を続けても毛が薄くなることはありません。
自宅で脱毛を行いたい人は、家庭用脱毛器を使って自己処理を行いましょう。

おすすめの家庭用脱毛器については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

3-2.自宅で永久脱毛はできるの?

家庭用脱毛器は自宅で使えるように、サロンやクリニックで使われている脱毛器に比べて出力が弱めに設定されています。
そのため自宅で永久脱毛をすることはできません。

サロンやクリニックでは次の3種類の方法で脱毛を行えます。

3種類の脱毛法の効果と施術機関

脱毛方式 光脱毛 医療レーザー脱毛 美容電気脱毛
脱毛効果 減毛効果 永久脱毛効果 永久脱毛効果
施術機関 サロン クリニック 一部のサロン

このうち永久脱毛効果があるのは、医療レーザー脱毛と美容電気脱毛の2つだけです。
キャンペーンを利用すれば、1,000円で美容電気脱毛を体験することもできます。

まずは美容電気脱毛ができるサロンや医療脱毛ができるクリニックで脱毛を試してみることから始めましょう。
お試し体験キャンペーンのあるサロンやクリニックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

4.顔、VIOなどのデリケートな部位に適したムダ毛の処理方法と手順

顔やVIOはそれぞれ以下の方法でお手入れを行うのがおすすめです。

顔…家庭用脱毛器または顔用のシェーバー
VIO…VIO用のシェーバー

では部位ごとの正しい自己処理方法について詳しく紹介します。

4-1.顔におすすめのムダ毛処理方法と手順

家庭用脱毛器と顔用シェーバーを使って、顔のムダ毛処理を行う手順を紹介します。

家庭用脱毛器を使った顔のムダ毛処理の手順

  1. 顔用シェーバーで毛を剃る
  2. 照射する箇所を保冷剤で10秒冷やす
  3. 光を照射して脱毛する
  4. 保冷剤で10秒ほど冷却する
  5. 保湿をする

顔用シェーバーを使った顔のムダ毛処理の手順

  1. 洗顔後にタオルで水分を拭き取る
  2. 髪の生え際から眉に向かって剃った後、逆方向へ剃る
  3. 顔の中央から目の方向へ毛の流れに逆らって、頬の毛を剃る
  4. 反対の手で皮膚を伸ばしながら、目頭から目尻の方向へ剃る
  5. 鼻下の皮膚を伸ばして、口から鼻の方向へ剃る
  6. もみあげの長さを決めて、耳の横からあごの方向へ剃る
  7. ペンシルで眉の形を書いて、眉毛から2~3ミリ上までを剃る
  8. 処理した毛をぬるま湯で洗い流す
  9. 保湿をする

顔のムダ毛処理に特におすすめなのは家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器は他の処理方法とは違って脱毛効果があるので、使い続けることで徐々にムダ毛が生えてきにくくなります。

また美顔器としても使えるため、脱毛と同時に美肌効果を得ることもできます。
仕上がりを重視したい人には家庭用脱毛器、手軽さを重視したい人には顔用シェーバーでお手入れを行いましょう。

4-2.VIOにおすすめのムダ毛処理方法と手順

デリケートゾーンのムダ毛処理は、VIO専用のシェーバーを使って以下の手順で行います。

  1. 剃る範囲にアイライナーなどで印をつける
  2. ハサミやトリマーで毛の長さを短くする
  3. 肌に垂直にシェーバーを当てて毛の流れに沿って剃る
  4. 冷たいタオルで肌を冷却する
  5. クリームやワセリンで保湿ケアを行う

IラインやOラインは手鏡を使って確認しながら、丁寧にシェービングを行うことで失敗を防げます。
シェービング後は肌が敏感になっているため、刺激になりにくいクリームやワセリンを使ってしっかり保湿を行いましょう。

5.ムダ毛を自己処理した後の保湿の必要性とやり方

自己処理の後には、普段以上に保湿を徹底する必要があります。
保湿が必要な理由や正しいケア方法を理解して、肌トラブルのないキレイなお肌を目指しましょう。

5-1.どうしてムダ毛処理の後に保湿が必要なのか

ムダ毛の処理後に保湿が必要なのは、肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすい状態になっているためです。
保湿をせずに放置すると次のような肌トラブルが起きる可能性があります。

  • 乾燥
  • かゆみ
  • 埋没毛
  • 色素沈着

肌トラブルを防ぐためにも、ムダ毛処理の後には必ず正しい方法で保湿ケアを行うようにしましょう。

5-2.ムダ毛処理の後の保湿のやり方

ムダ毛処理後の保湿は、以下の手順で行います。

  1. タオルに包んだ保冷剤で肌を冷却する
  2. 抑毛ローションを手でなじませる
  3. クリームやワセリンで油分を補う

赤みやかゆみがある時は、冷却をして肌を落ち着かせてからローションを塗り始めます。
シェービング後のケアに抑毛ローションを使えば、保湿効果に加えて次のような効果を得ることができます。

  • チクチクしにくくなる
  • 毛が伸びるスピードが遅くなる

ローションで肌を整えた後は、肌の水分を逃さないようにクリームやワセリンで油分を補います。
クリームを塗る際は、肌を擦らずにそっと手で包み込むようになじませましょう。

6.まとめ

自宅でのムダ毛処理におすすめの方法は、重視したいポイントによって異なります。
手軽さや仕上がり、効果の持続期間をチェックして、自分に合う方法でケアを行いましょう。

ムダ毛の自己処理方法を手軽さ・仕上がり・効果の持続期間で比較

ムダ毛の処理方法 手軽さ 仕上がり 効果の持続期間
カミソリ
シェーバー
家庭用脱毛器
除毛クリーム
毛抜き
ブラジリアンワックス

最も手軽にムダ毛を処理できるのは「シェーバー」です。
顔用・VIO用・ボディ用のシェーバーを使い分ければ、簡単にきれいに仕上げることができます。
おすすめのシェーバーについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

仕上がりを重視したい人には「除毛クリーム」がおすすめです。
除毛クリームはカミソリとは違ってチクチクしにくく、ツルツルの状態を1週間ほど楽しめます。
おすすめの除毛クリームについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

効果の持続期間が最も長いのは「家庭用脱毛器」です。
脱毛効果があるため、使い続けると徐々にムダ毛が薄く目立ちにくくなります。

美顔器としても使えるため、脱毛と同時に自己処理でできた黒ずみの改善も目指せます。
おすすめの家庭用脱毛器については、こちらの記事で詳しく紹介しています。